クレジットカードでの決済は中小では難しいは昔の話

以前はカードブランドごとに審査を受ける必要があった

以前は中小のお店など個人が経営しているところでクレジットカード決済を導入することは難しいことでした。というのは、カードのブランドごとに審査を受けないといけなかったからです。なぜ、審査が必要なのかというと、クレジットカード会社がもし不正を働くような店で決済できる許可を出してしまった場合、信用問題に関わるからです。カードが使えるお店には、レジのところなどにカードブランドのロゴシールが貼られます。客はそのシールを見て、この店ではカードが使えるから信用できると判断するわけです。
もし、そこが不正会計などを行う店だった場合、客は最終的にカード会社から料金を落とされされることになり、店に対してと同様にカード会社に対しても不平不満を抱くことになってしまいます。

決済代行会社の協力を得て便利になった個人ショップ

しかし、現在は決済代行会社があるので、クレジットカード決済の導入は非常に簡単になりました。もちろん、店としての実態はあるかなど審査は行われますが、審査をするのは決済代行会社であり、しかも一回の審査で複数のブランドのカードを使えるようになっているので、昔よりはずっと楽なのです。
決済代行会社のサービスを受けられるようになったことで、小さいお店でも大きな店と比べて決済方法の種類が少ないという不利がなくなりました。特に、インターネットが普及し始めた頃は、大きなネットショップでは早々にカード決済を導入していたのに、個人が運営しているショップでは注文のやりとりをメールかFAX、代金の支払い方法は銀行振り込みか代引きのみというところがほとんどだったので、その頃と比べると個人ショップの使い勝手は大きく向上しています。

関連まとめ